年明け早々、交通事故に遭った

【注】2019年の話です

どうしても気になるラーメン屋があった。

15:20、コタツで温くなった身体にムチを撃って出発するが、10分も経たずに事故は起きる。

出発して間もなく、加害者の車の後を追う形になる。道幅の狭い住宅地を走るので、どちらもスピードは出ていない。

かろうじて車がすれ違えるような細い交差点に差し掛かる。そこに対向車がやってきたため加害者の車が停まり、後ろを走っていた自分も停まる。

突如、目の前に停まっていた加害者の車がバックを始める。こちらはバイク、どうすることもできない。クラクションを鳴らすのとほぼ同時に、強い衝撃を受けて車と衝突した。

車のナンバープレートがバイクの前輪に乗り上げるような形になったが、踏ん張ったおかげで転倒は免れた。

かつてZZR400に乗ってた寮生時代にも同じ事故に遭い、そのまま相手に逃げられたことがあった。そのため今回は絶対に逃がすまいという思いが脳裏をよぎるが、幸いにもその必要は無かった。

ひと回りくらい年上の加害者が車から降り、慌てた様子で謝ってくる。気持ちを落ち着けながら、スマホで会話の録音を開始する。

「こちらが後ろに停まっていたのは気づきませんでしたか?」

「バイクが後ろを走っていたのは知っていたのですが、慌ててしまい…すみません」

加害者の求めに驚く

相手を責めても仕方ないので警察を呼ぼうとすると、加害者がしばし待ってほしいと言ってきた。

「実は免許を家に忘れてしまい、戻る途中だったんです。すぐ先が家なので免許を取ってきても宜しいでしょうか?」

さすがに応じる義理は無いので警察を呼ぶ。相手は観念した様子で警察が来るのを待つ。その間にKLXの車体を確認するが、大きな歪みなどは見受けられなかった。それよりもナビ用スマホが地面に転がっているのを見つけて、軽く目眩を覚える。

警察は思った以上に早く到着し、狭い道路から場所を移して事情聴取を受ける。

「車が停止しているところにバイクが突っ込んできた!」と言い出さないか心配したが、加害者は正直に話してくれた。加害者との会話は録音していたが、目撃者を確保せず証拠も無いことを反省した。

加害者の免許不携帯についてはお咎め無しのようだった。とはいえ自分も「軽自動車届出済証」「自賠責証書」を積んでなかった…

こちらの事情聴取が終わり、少し離れたところで加害者の事情聴取が始まる。親の見舞いに病院へ行く途中で、最近離婚したばかりという話が聞こえてくる。何だかしんみりしてしまった。

幸い身体に痛みは無くバイクも見たところ問題なさそうだったので、物損事故として処理してもらった。そして、お互いの連絡先を交換してその場を離れた。

再びラーメン屋へ

部屋に戻った後、書類に記載されたKLXの情報を警察に連絡する。これで事故処理は完了。

気を取り直して、再びラーメン屋を目指す。

ところが、店に向かっている途中、ナビ用スマホにトラブルが発生する。何度か再起動を試みるが、ドロイド君が倒れたまま起き上がろうとしない。仕方ないので放置。

17:55、『長浜ラーメン 八王子』に到着。

ここは以前、油そばの『アジア軒』が長年あったところだ。暫く店が開いてないなと思ったら、いつの間にか長浜ラーメンに変わっていた。訪れる機会を何度か逃しつつ、ようやく暖簾をくぐる。

ようやく「長浜ラーメン(600円)」と対麺する。

これは美味いと、一口目で心を鷲掴みにされる。臭みが抑えられつつも、まろやかで濃厚な豚骨醤油がいい。しかも、好みの柔らかチャーシューに、キクラゲやネギもたっぷりトッピングされている。

事故っても来る価値はあった。

満足した帰り道、久しぶりに道の駅「八王子滝山」に立ち寄る。残念ながら、お目当てのソフトクリームは閉店していた。

『とぶき育成園 パン工房麦わらぼうし』の「メープルラスク」を購入して帰宅する。

柔らかなメープルの甘味と、硬すぎないサクサク感がいい。
一瞬にして食べ尽くす。

夜、左手首が痛み始める。若干、赤みを帯びているようだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする