KLX250乗りになった

午前中、ヤフオクで落札したKLX250を受け取りに行く。

電車とバスを経由しておよそ2時間、待ち合わせの場所に到着した。ほどなくして出品者がKLXを押してやってきた。

落札後に書類郵送のお願いにも快く対応して貰ったことにお礼を言い、車両の説明を受ける。外装は年式相応ではあるが、しっかりとメンテされている様子が伺えた。

車両の説明を受けつつ、世間話にも花が咲いた。かつて出品者もオークションでバイクを購入したが、悪徳業者に捕まって大変な目に遭ったという。かつて某掲示板を賑わせた悪徳業者を思い出さずにはいられなかった。

最後に予備部品等まで頂き、お礼を言いながらKLXに跨り出発する。

久しぶりなのでかなり慎重に運転するが、エンジンは元気があってすこぶる軽快に走る。出品者の前のオーナーはレースに使用していたそうで、フルパワーが出るように施されているそうだ。

バイクの振動や風切り音そして異常なほどの猛暑を噛み締めながら、程なくして到着したのは菊名駅。ここは大学3年の夏の夜、新車で買ったZZR400を1週間も経たずに立ちゴケさせた、ほろ苦い思い出の場所。

思い出を噛み締めた後は府中街道に入り、ひたすら北上する。すり抜けもほとんどせず、車に挟まれながら安全運転に徹する。信号待ちのたびに食らうアスファルトの照り返しは、いやおうなく体力と気力を削ぎ落とす。

久しぶりの深夜徘徊も計画してたのだが、尋常じゃない暑さにヘバッてしまってそれどころではなかった。

しかも、バイク受け取りの際に支払うはずだった書類の郵送料をすっかり忘れていたことに、走ってる途中で気づく。帰宅後、お詫びのメールを入れる始末。

関口太郎選手が今季初優勝を飾った

ブログのリンク直しをしてたら、レーシングマックス府中ブログで久しぶりに関口太郎選手の名前を見た。

しかも全日本ロードレース選手権J-GP2クラスで、今季初優勝を飾った記事だった。

動画を観ながら、思わず目頭が熱くなった。

とてつもないポテンシャルを持ってMotoGP(GP250)に挑むも、スポンサー問題や怪我に泣かされて不遇の時代を過ごした。『フルスロットル〜TO THE TOP〜』を購入して応援してた頃が懐かしい。

しばらくバイクから離れてバイクネタを追うことからも遠ざかっていたが、このタイミングで関口太郎選手が優勝し、今も頑張っていることを知って本当に嬉しい。

250ccバイクの新規登録に行ってきた(八王子陸運局編)

ヤフオクで落札したKLX250を自分で新規登録するため、八王子自動車検査登録事務所(八王子陸運局)にやって来た。
今回、前の所有者が廃車手続きしているので、中古車の新規登録となる。

 

事前に準備するもの

1 軽自動車届出済証返納証明書(前の所有者から)


2 軽自動車届出済証返納確認書(前の所有者から)

3 自動車損害賠償責任保険証明書(前の所有者から。無くても可


自賠責保険がある場合、前の所有者から貰う(自賠責シールも貰う)。
自賠責保険が無い場合、陸運局でも新規加入できる。
4 住民票(発行日から3ヶ月以内のもの)
5 印鑑(認印で可)
6 現金
申請書類 40円
ナンバープレート代 520円
自賠責保険料(陸運局で新規加入する場合)。保険料はこちらを参照。

陸運局での手続きの流れ

1 「A棟」の受付で新規登録の流れを聞く

受付にて「250ccバイクの新規登録で来ました」と告げると、手続きの流れを教えてくれる。

2「D棟」で申請書類を購入

受付にて「250ccバイクの新規登録用の書類下さい」と告げ、申請書類を購入。ここで代書をするか尋ねられるので、「自分でやります」と返答。

3 「A棟」で見本を見ながら申請書類を作成

軽自動車届出書


3枚目に印鑑を2個所押す。

軽自動車税申告書


廃車を譲り受ける場合、ピンクでマークされた個所を記入する。
1枚目に印鑑を1個所押す。

軽自動車届出済証返納確認書


持参した軽自動車届出済証返納確認書の「譲受人」欄に、自分の名前と住所と譲渡日を記入する。

4 「E棟」で書類一式を提出

自賠責保険が無い場合は、ここで新規加入する。
今回、前の所有者の自賠責証があるので新規加入は無し。

5 「A棟」で書類一式を提出

受付前にある予約票(番号記載の袋)に書類一式を入れ、受付の棚に置く。
しばらく待つ。
番号もしくは名前で呼ばれるので、書類を受け取る。

6 「D棟」でナンバープレートを購入

 

受付で「ナンバープレートくださいっ!!」と叫び、購入。
これで250ccバイクの新規登録は完了。

次回の課題


管轄の陸運局を間違えない(写真は多摩陸運局)。

 

久々に古都へ行ってきた

Jpeg

夜、あぷらひ氏と埼玉の「古都」に向かう。

19:30すぎ、久々に暖簾をくぐると、すでに店内は大勢の客で賑わう。少し待ちかなと思ったが、奥にある広い座敷部屋へと初めて案内される。もう何度も古都には足を運んでいるが、こんなに店舗が広かったのかと驚いた。

メニューを見る前からすでにあぷらひ氏は注文を決めていたようだが、こちらはメニューを眺めながら逡巡する。以前のような大盛りメニューはさすがにキツいだろうと、定食を諦めてミニ親子丼を注文する。

ところが、やってきた親子丼はその名に違わずミニサイズ。さすがにこれは余裕だろうと、あぷらひ氏と苦笑い。大盛りで名を馳せる古都とはいえ女性や子ども向けのメニューも当然あるよなと、自分で招いた肩透かし感とミニ親子丼を堪能する。

その後、調布の「鳥勝」に向かうが閉店していため、同じ並びの「ホルモン きんたろー」に入る。写真を撮り忘れたが、厚みのある豚バラカルビが美味かった。

こうして終電で帰路につく。

2018年が始まった

昨日と大して変わらない一日なのに、元旦というだけで新たな気持ちになるのは不思議なものだ。

とはいえ、去年の年末年始は寝込んでいたため、新たな気持ちどころではなかった。それを考えたら、穏やかに新年を迎えることができただけでも良しとしよう。

ブログも長いこと放置してきた。書くことが無かったわけではないが、何事にも中途半端な性格もあり遠のいていた。いつまた放り出すか分からないけれど、新年を迎えたのを契機に備忘録がてら再開してみる。

趣味というにはおこがましいが、世間の流行に遅れた形で始めてみたInstagramのおかげで写真撮影もまた面白くなった。今まで風景ばかりだったが、今年は人物も撮影してみたい。

なんだかんだしてるうちに元旦が終わりそうなので、新年の抱負は後で考えることにする。