SHOEI「Z-7」内装の取り付け(取り外し)

はじめに―ヘルメットの異臭―

梅雨時にも拘わらず走り回ったせいで、ヘルメットが異臭を放つ。さっそく、内装を取り外し、洗濯ネットに突っ込んで洗濯をする。便利になった時代が嬉しい。

ヘルメット丸ごと洗っていた、X-8が懐かしい(いまも現役)。

センターパーツの取り付け

注意点としては、センターパッド(頭を覆う)の前部。樹脂パーツと布の接合部分が破れる心配があったため、必ず樹脂パーツを持つことを心がけた。

作業の中で唯一、注意する箇所といえる。

内装を取り外す時も、あらかじめ写真でパーツの形状を確認してからだと作業が捗ると思う。

こちらが裏側。樹脂パーツと布の縫合が確認できる。これを破らないよう気をつけた。

樹脂パーツの端。センターパーツを取り外す時、最初にこの樹脂パーツを持ちながら外した。

ヘルメットの溝部分を確認。

まずは左半分を上部の溝に合わせて差し込む。

上部を差し込んだ後、樹脂パーツの端「L字部分」を差し込む。

センターパッドを取り外す際は、この 「L字部分」 を掴みながら外す。布を引っ張ってはいけない。

反対側も同じように差し込み、センターパーツ前部の装着が完了。

ヘルメットの後部。センターパーツの左右にある2つのホックを留める。

ホックどうしの位置が合っていることを確認しながら、「カチッ」と音がするまで押し込む。

センターパーツの取り付けが完了。

イヤーパッドの取り付け

イヤーパッドは4ヶ所の爪がある。

ヘルメット側の穴の位置を確認。

イヤーパッド下部2ヶ所の爪を差し込んだ後、上部の爪を一つずつ留めていく。

イヤーパッドをセンターパッドの裏側にしまい込む。

チンストラップカバーの取り付け

左右のチンストラップに チンストラップカバーを通し、ホックで留める。

チークパッドの取り付け

まずは左側から。チークパッドの樹脂部分、両端の切れ込みの形状を確認。

ヘルメット後部の差込口を確認。

チークパッドの切れ込みを 「カチッ」と音が するまで差し込む。

ヘルメットに沿って樹脂部分を差し込む。ヘルメットの差込口を確認して、 チークパッドの切れ込みを 「カチッ」と音が するまで差し込む。

チークパッドの樹脂部分の差し込みが完了。

ヘルメット内側のホックを留める。順番は参考。

ホックどうしの位置が合っていることを確認しながら、「カチッ」と音がするまで押し込む。

チンストラップを切り込みから出して完了。

右側のチークパッドも同じように取り付ける。

内装の取り付けが完了。

取り外し、取り付けも慣れれば数分程度。汗が大敵なアトピー持ちとしては、内装をもう1セット購入して運用していきたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする