25年振りに中華料理『大元』の「オムライス」を食べた

早朝の開店前に立ち寄り、呟いたのが4月26日。

府中市、中華料理、大元

その2週間後に訪れるとは思わなかった。

いつものように前日に話が決まり、昼時に府中市北山町の中華料理『大元』に向かう。店には懐かしい女将さんと厨房に立つ二代目。

注文を済ませて『大元』話に花が咲くかと思いきや、驚愕の事実が発覚。

実はリーダーO氏、寮生時代を含めて『大元』を訪れたのはこれが二回目という。同じく近所の中華料理『餃子王』も訪れたことが無く、洋食『ポテト』に入ったことはあるが、そもそも飯は寮の近所で食べてなかったらしい。

思い出してみれば皆で飯に行く時、いつも車でガストや谷保駅の仕出し料理『こころ』などに繰り出していた気がする。

…という話で盛り上がっていた時、まずやって来たのが「大元丼」。

続けざまにやって来たのが裏メニュー「五目うま煮丼」。裏メニューがあるとは知らなかった…

そして当時、毎週のように食べていた「オムライス」。この味に惚れ込み、他のメニューには目もくれず頬張っていた記憶が蘇る。

期待と不安が入り交じりつつ、約25年振りに頬張る。当時と変わらない美味さにニヤける。卵に包まれたチキンライスの味つけが堪らない。

『大元』を堪能したその足で、『餃子王』に向かったのはさすがに驚いた…

店前で日和ったのは大人の選択だったと思う。

そして府中寮があった敷地の隣にある「せせらぎ公園」前で立ち話。

バイクを交換試乗したり映画談義で盛り上がったり、KLX250のエンジン腰上がアイアンマンにしか見えないとか。

延々4時間…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする