2005 東北・療養ツーリング(11)―栗駒峠に嫌われる―

前日の挫折から立ち直り
6:30、東京に向け出発。

色々とルートを考えるも
とっとと南下すべしということで
R104からR4へ。

片道1車線が続くR4をまったりとペースで南下。
8:10、「道の駅 石神の丘」で休憩。

道の駅を出て再び南下を始めると
右手には、雲ひとつない清んだ青空と
凛々しくそびえる岩手山。

8:40、観賞ついでにコンビニで朝食休憩。

R4を南下するも、残る疲労のためペースが上がらず。
10:20、「道の駅 石鳥谷」で横になり休憩。

再びR4を南下。
SV乗りの紹介や情報誌にあった『味心』を目指すも
お約束の定休。

だが姉妹店が近くにあり、辿り着いたのが『肉料理 おがた』。
幸いなことに開いていたので、ひと安心。

メニューにあったランチ定食を注文。
どうやら夜は結構なお値段。

出された時は、ちょっと量が少ない印象だったが
とにかく軽く炙って口に運ぶ。

昇天。

外を眺め、今回の旅はこの瞬間のためだったと悟る。
ご飯を2杯おかわりして、至福の時を過ごす。

腹を満たした後、さらにR4を南下し
14:10、中学の修学旅行以来の「中尊寺」。

照りつける日差しの中、革ジャンと革パンでは
痛いくらいに突き刺さる視線。

修学旅行の時と同じ立ち位置で、「東物見」から。
遠く北上川を臨む、懐かしき平泉の眺望。

少しはワインディんグも、ということで
中尊寺を発った後、R4からR342へ。

この「栗駒峠」もまた、絶好のワインディング・ロード。
さらに魅惑的な温泉が点在。
温泉の誘惑を泣く泣く断ち切って、先へ進む。

通行止めかよ…orz。

R342からR398をつなぐ、LR282「栗駒道路」。
ここを抜けられないと、かなり遠回りの気配。
気持ちを切り替え、次の迂回路へ。

ここもかよ…orz。

こうなると大幅な針路変更。
R398のワインディングを諦め
R342からR13「羽州街道」に入り、山形へ南下。

のどかな田園風景を眺めつつ、まったり走行。

18:00、「道の駅 おがち」で休憩。
ここは24h休憩可で、座敷まである理想形。

途中、民家から出火してるのを発見。
木造のせいもあるのか、ものの10分ほどで全焼。
人の被害は無いようだが、火の恐ろしさを痛感。

ひたすらR13を南下。
20:00、「道の駅 むらやま」で小休憩。
さらに「道の駅 天童温泉」に立ち寄った後
ようやく「JR山形駅」に到着。

夕飯の店を探して彷徨うも、力尽きてマックで妥協。
23:30、「健康ランド ラッキー」へ。

本日の走行距離、488キロ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする