ZX-11にHIDを導入した

ヘッドライトの暗さは購入以来の懸案事項であったが
練馬NAPSでSOLAMが取り付け無料サービスを行なうというので
これを機会に待望のHIDを導入。

邪魔にならないよう作業風景を撮影させて頂いた。
かつてC型に乗っていたそうで、作業も手慣れた様子。
それでもZZRはかなり手間が掛かる部類とのこと。
まあフルカウルゆえ、やむを得ないところか。

あっという間にフロントが外される。

ボケてしまったが、これがHIDバルブ。

長さはハロゲンライトより若干長い程度。
これが暗闇を切り裂くまばゆい光を生み出す。

ハロゲンランプとHIDバルブの装着後。
比較してみても分かるように十分コンパクト。
カウルステーとも全く干渉しない。

こちらはイグナイター。
両面テープで固定されている。

こちらがコントロールユニット。
タイラップで固定。

延長コードは左側に引き回し。
タンクの下を通りバッテリーへ。

インバーターはリアシート下へ。

できればフロントに納めて欲しかったが
かなりの熱を持つため、こちらが良いそう。
雨具と車検証などは何とか入るのが救い。

作業時間は約3時間。

途中から隣で黒のZZRの作業が始まり
終わる頃には銀のZZRが作業待ちだった。
やはりノーマルの暗さに不満を持っているZZR乗りが多いのだろう。

ちなみに作業途中、店前でビクスクの転倒事故を目撃。
新品のタイヤは本当に滑ることを改めて確認。
レバー類が折れ、再び店内に消えるオーナーの背中が哀しかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする