DELL Vostro 3267のHDDをSSDに換装した(1)―SSDのフォーマット

ここのところDELL Vostro 3267の挙動がやたらと重い。色々と手を尽くしてみたが改善の兆しがない。結局、HDDからSSDに換装することにした。

用意したもの

(1)SanDisk 内蔵SSD 2.5インチ/500GB/SSD Ultra 3D/SATA3.0/3年保証/SDSSDH3-500G-J25

PC内のHDD容量が500GBでまだ充分に余裕があったため、同容量のSSDを選択した。

(2)玄人志向 2.5インチ HDDケース USB2.0 ケーブルを本体収納 専用ポーチ付き 簡単組み立て GW2.5SC-SU2

以前に購入した2.5インチケースを使用した。

SSDを2.5インチケースに装着する。このケースの場合は、SSDを収めてから滑り上げる。そして蓋をすれば完了する。

SSDが収まったケースをパソコンに繋げ、外付けが完了する。

ステップ2 SSDのフォーマット

このままではパソコンはSSDを認識しないため、SSDをフォーマットする。

「スタート」を右クリック>「ディスクの管理」

「ディスクの初期化」ウィンドウが開く。

「MBR(マスター ブート レコード)」を選択して「OK」。

「ディスクの管理」に465.76GB 未割り当ての「ディスク2」が表示される。これは個々のパソコンやSSDの容量によって表記が変わる。

この「未割り当て」を右クリック。

「新しいシンプル ボリューム」をクリック。

「新しい シンプル ボリュームの開始」ウィンドウが開く。

「次へ」をクリック。

「ボリューム サイズの指定」はそのままで「次へ」。

「ドライブ文字またはパスの割り当て」もそのままで「次へ」。

「パーティションのフォーマット」もそのまま「次へ」。

「新しいシンプル ボリューム ウィザードの完了」で「完了」。

「ディスク2」が「未割り当て」から「ボリューム(F:)」になり、「465.76GB NTFS」「正常(プライマリ パーティション)」と表示される。

エクスプローラーで「PC」を開くと、SSDが「ボリューム(F:)」として認識されている。

これでSSDのフォーマットは完了。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする