2005 東北・療養ツーリング(2)

早めに出る予定が、従業員に起こされる始末。
時計はすでに10:00。とりあえず出発。

三陸海岸と松島を目標に、一旦R4を北上してR108を東へ。
片道一車線で車の往来もあり、まったりと進む。

R346を南下してからは、流れがやや改善。

11:20、松島に到着するも、あいにくの曇り空。
それでも点在する島々と、そこに生える松を眺めつつ
気分はすっかり松尾芭蕉。

とはいえ、洒落た俳句が思い浮かぶわけないが。

松島を後にして、再びR346を北上しR45を東へ。

この日は異様に暑く、意識がやや朦朧。
さらにお姉ちゃんの乗る軽をストーキングしてたら
気づくと、思いっきり進路を逸脱。

13:00、ちょうど発見した「道の駅 上品の郷」で休憩。

ところが地図をいくら探しても、この道の駅が見つからず。
自分の現在地を一瞬見失い、気が遠くなるも
旧北上川を渡ったことを思い出し、現在地をようやく把握。

この道の駅、今年の3月にできたばかりとのこと。

R45を引き返し、R398にようやく接続。
行き過ぎないよう細心の注意を払いつつ
14:30、『お食事処 おじか』に到着。

懐かしい感じがする店内で、目当ての「かさね丼」を注文。

丼を覆うウニとイクラが二段重ねでやってくる。
ボリューム満点のウニやイクラを前に、思わずニヤける。
ご飯を大盛りにしなかったのが悔やまれる。

とはいえ、これが本日の朝食ということもあり、贅沢をじっくり味わう。

充分に腹を満たした後、R398を北上開始。

この「リアスブルーライン」は気持ちの良いワインディングで
腹ごなしとばかり、軽快に走行。

とはいえ、午後もだいぶ経つというのに
ほとんど距離を稼げていない現実に
リアス式海岸を堪能することを諦める。

18:00、「道の駅 高田松原」で休憩を入れ
R340からR343を西に、一路R4を目指す。

日が暮れる前にR4へ接続しようと
ペースを上げて、車を抜きつつ走る。

そこへ姿を現したのが「ループ橋」。
高所恐怖症にとっての鬼門。

R343からLR19に入ると、陽はすっかり落ちるが
どうにか暗くなる前にR4へ接続する目処がつく。

しかし、疲労と睡魔はピークに達し
走行中に断続的に飛ぶ意識。
ふと気づくと、寄っているセンターライン。
かなり反省。

どうにかR4に辿り着き、ひたすら北上。

下道でしかもこのペースでは到底
目的地である八戸に辿り着けるはずもなく
高速を使うことを決意。

その前に腹を満たしておくため
21:10、『とんかつ屋 TONTON』へ。

お勧めの「とんかつ定食」を注文。
濃厚なソースとボリュームたっぷりのとんかつを
ひたすら頬張りつつ、地図を眺める。

「北上江釣子IC」から東北道に乗り、八戸へ。

22:40、「滝沢SA」で休憩を入れ
東北自動車道から八戸自動車道へ。

23:50、「折爪SA」で最後の休憩を入れ
八戸にようやく到着。
そのまま健康ランド『はちのへゆーゆーらんど』へ。

本日の走行距離、不明。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする