放棄

前日の話。

別のゼミだった先輩と久しぶりの再会。
聞くところによると、留学から戻るなり
彼の指導教授から指導を放棄されたらしい。

そもそも留学も教授の勧めであり
しかも指導を受けてたゼミ生全員が見放さられるならまだしも
指導を放棄されたのはその先輩のみ。

元々、やけに新興宗教的な空気が漂うゼミで
権威主義を存分に臭わせていたが
人を教えることが生業の教授が指導を放棄するとは、、、

本やテレビでは何の臆面もなく愛だの平和だの語っているが
その言葉がいかに軽いものか、改めて思い知らされた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする