2004/06/25 徒然

一向にやむ気配のない雨の中
9:30に出発。

昔ながらの家々が立ち並ぶ海岸線を楽しみつつ
東京への長い岐路に着く。

12:30、床屋『清水』に入り
人情味溢れる職人気質に感銘。

15:30、ツーリングマップルお勧めの『きときと寿司』に入り
地元のネタを楽しむ。

後はひたすら東京を目指すも
すっかり日が暮れ、しかも豪雨が襲う飛騨の峠の洗礼を浴びる。

0:00、勝沼手前のガストで夕飯と休憩を取り
上野原で高速に乗り、3:00に帰宅。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする