2005/04/24 徒然―ペペ・ロメロ、ソロ・リサイタル―

スペイン・ギター最後の巨匠、ペペ・ロメロのソロ・リサイタルへ。

東京オペラシティのコンサートホールの造形美にため息。

舞台に現れたのは白髪の紳士。
中央に一つ置かれた椅子に座り、ギターをつま弾く。
スピーカーも無いのに力強く響き渡る音色に目を閉じる。
どこか懐かしい哀しさで、遠きアンダルシアに想いを馳せる。

、、、行ったことすら無いが。

どうでも良いが、主催の「日本の息子 ペペ田代」が
非常に気になった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする