2005/01/06 徒然

とある仕事の面接。
あっさり決まるも、懸念材料の山。

最大の懸念は、やはり英語。
全てのやりとりが英語というのが、気が遠くなりそう。
メール中心になりそうなのが、唯一の救い、、、なのか?

もうひとりパートナーがいると聞いてたのに、実はおいら一人。
しかも前任者は2月で帰国の予定、もちろん外国人。
必要な人材は自前で調達らすぃ。

「とりあえず手を付けて」みたものの、「帳尻合わせ」ることができるだろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする