2004/12/07 徒然

つくづく自分は快楽主義者であるなあと思うも
快楽主義とは何ぞやという疑問が浮かぶ。

英和辞典を引くと”Epicureanism”と”hedonism”がある。
前者は「エピクロス学派の快楽主義」
後者は「すべての行動の動機づけは快楽への欲求にありとする」。

エピクロスとは古代ギリシアの哲学者で
現実の煩わしさから解放された状態を「快」として
人生をその追求のみに費やすことを主張したそうだ。

なるほど、と頷いていたのだが
エピクロス自身は肉体的な快楽とは異なる
身体の健康や精神の平静を奨励した「精神的快楽」を重視しており
「肉体的快楽」をむしろ「苦」と考えていたらしい。

おいらは快楽主義者ですら無いのか、、、。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする