2006/04/18 山梨徒労ツーリング

ZZR1100、ZX-11、カワサキ、Kawasaki

徹夜明け、あれこれと目的地に迷うも
とりあえず周遊の桜を目指して出発。

08:00、開門時間をやや過ぎた頃に到着(1)。
周遊をまったりと走り、満開の桜を楽しむ。

ZZR1100、ZX-11、カワサキ、Kawasaki

お気に入りの場所。
奥多摩湖側の周遊は、各コーナーごとに
様々な表情を見せる、満開の桜が楽しめる。

ZZR1100、ZX-11、カワサキ、Kawasaki

奥多摩の桜を満喫した後
かねてから行かねばと思っていた
『ほったらかしの湯』を目指して出発。

途中、去年崩落した現場へ。
巨大な岩が転がり、未だ山肌が露わに。

「柳沢峠」を越え、下りに入った頃
睡眠不足のツケか、急に目眩と吐き気。
高速で帰ろうと決意。

ZZR1100、ZX-11、カワサキ、Kawasaki

峠を下り終えた頃、気分も回復したため
再び目的地を目指す。

『窪八幡神社』の鳥居を越え
牧歌的な農道、LR31をひた走る。

『笛吹川フルーツ公園』内を通過し
『ほったらかしの湯』に到着(3)。

今回、場所の確認だけのつもりが
来たからには、入りたくなるのが人情。

「こっちの湯」と「あっちの湯」があるが
それぞれ別料金なのが、やや不満。

今回は「こっちの湯」へ。

あいにく、もやに覆われ
富士山も甲府市街も良く見えず終い。

それでも、太陽の下でまったりと湯に浸かるのは
この上ない贅沢な時間。

湯上がりに、ストロベリー・ソフトを注文。

、、、シャーベットですか

味は至って普通。

ZZR1100、ZX-11、カワサキ、Kawasaki

納得のいくソフトクリームを求め
清里の『清泉寮』へ進路決定。

先ほど通ったLR31の両脇に咲き乱れる
、、、何の花?

その前に腹ごしらえと、『白彩』に向かうが
昼時だというのに、準備中の札。

ZZR1100、ZX-11、カワサキ、Kawasaki

R411に戻り、LR213「フルーツライン」へ。
民家の前に、ひときわ美しく咲き乱れる桜。

この後、道を行き過ぎたことに気づき
二度も眺める羽目に。

「クリスタルライン」に入って早々
建設中のダムに遭遇。

人の手で山肌をえぐる光景に興ざめ。

ZZR1100、ZX-11、カワサキ、Kawasaki

「乙女高原」に到着。
見渡す限り、萌えるような、、、

2年前、「清里ツーリング」で訪れた際に見た
新緑が広がる光景を思い描いていただけに
スリッパで後頭部を殴られたような衝撃。

気を取り直して、清里へ出発。

どう見ても通行止めです(4)。
本当にどうもありがとうございました。

打ちのめされながら、引き返している途中
朝から一食も摂っていないことに気づく。

塩山市内に戻り、飯屋を物色するが
夕方前とあって、どこも仕込み準備中。

R411を引き返し、「柳沢峠」でソフトクリーム(5)。

朝に訪れた周遊に再び寄り
何もかもを忘れるように走り込む。

「大麦代駐車場」に寄るが、売店はすでに閉店。
せめて夕日に照らされる桜を収めようとした矢先
若き珍走団が集結してきたため、途中で断念。

「豚バラ青菜チャーハン」を求め、『萬力屋』へ。

ここも準備中ですか、そうですか。
ライトアップなんかして期待させて、これですか。

本当にどうもあり、、、

信号待ちで、何度も意識を失いかけつつ
やっとの思いで、自宅近くへ。

かつて愛用していた『梁山泊』の
煌々と輝く店の看板。
這々の体で店内へ。

「カニチャーハン」を注文。

米の一粒一粒を噛みしめる。
カニ肉の旨さに目頭が熱くなる。

本日の走行距離 約400キロ。

青は往路、赤は復路。(『ツーリングマップル』(版不明)より)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする