初体験

昼から夜まで忘年会。

昼、事務所近くのレストランでランチ。
何でも「うかい亭」で修行を積んだシェフが営む
知る人ぞ知るお店。
柔らかいサイコロ・ステーキに舌鼓。

夜、女の人が隣に座って、お酒を注いでくれるお店へ。
人生初の出来事に、入店当初から借りてきた猫状態。

テーブルに付いたのは、店のママさん。
若いながらも、貫禄充分。
昔、バイクに乗っていたということで
身を乗り出して、話に聞き入る。
15才の頃に、XJとFZを所有していたとのこと。

、、、バイクの免許は、確か16才からですよね?

ちなみにXJは、代々受け継がれてきたものらしい。
悪戯な眼差しに、全てを理解。

その後、単身渡米話や、銀座成り上がり物語など
数々の貴重な話に対して、熱心に耳を傾ける。

どの世界でも、頂点に立つということは
たゆまぬ努力を求められることを教わった
非常に濃密な体験。

、、、酔っぱらいの「大丈夫」は
二度と信用しないと心に誓う。

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください