スライドショーを作ってみた

今回、上のスライドショーで使用したソフトは「Suzuka」。国産のflash作成ソフトで、しかもフリー。アクション・スクリプトにも対応していて、本格的なflashが作成可能だそうだ。

フェード・イン、フェード・アウトしながら写真が切り替わるスライドショーを作成する必要に駆られて手軽なフリーソフトを物色したところ、最初に見つけたのが「Photo Flash Maker フリー版」。たった3ステップで簡単にスライドショーが作成できる優れもの。ただ、フリー版だとこの会社のクレジットがスライドショーの最後に入るため、残念ながら却下。

次に使用したのが、「PowerBullet Presenter フリー版」。こちらも比較的簡単にスライドショーが作成でき、しかもクレジットも入らない。さっそく作成してみたのだが、肝心のswfファイルが何故か出力できない。調べてみると、XP以前のOSでないとswfファイルが正常に出力されないと判明(Powerbullet-ホームページの大技・小技)。互換モードで起動させてようやく解決したのもつかの間、今度はフェード・アウトが機能しない。調べても原因が分からず、残念ながらこちらも却下(とはいえ、「アニメーションの設定」で応急処置は可能)。

最終的に以前齧ったことのあるSuzukaに辿り着く。上の2つほど手軽では無いものの、タイムライン方式を採用しているためパラパラ漫画を作るような感覚でflashを作成することができる。

最初からこれで作成してれば、、、orz。

ちなみに、同じく国産flash作成ソフトに「ParaFla!」がある。こちらはイベントリスト方式を採用しており、動かすには「アクション」と呼ばれるイベントの理解と慣れが必要だ。

例えば、今回のスライドショーようにフェード・インとフェード・アウトが重なる部分には、ParaFla!は「ロールバック」というアクションが必要だが、Suzukaにはそうした必要はない。

とはいえ、使い勝手は好みの問題で、ここで甲乙つけるのは僭越だろう。どちらにも分かりやすい解説サイトが多数あり、学ぶにも心配は無さそうだ。残念ながらSuzukaは2008年で更新が止まっているが、ParaFla!は現在も更新が続いており、今後の発展が楽しみだ。

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください