東北・療養ツーリング(3)

雨続きだった天気も、ようやく快晴。
10:40、東京へ向けて出発。

もちろん、その前に寄るのは「大洋食堂」。


もはや説明無用の「ウニ定食(2,150円)」。

暖かいご飯の上に、ウニを摘んで載せて
勢いよく、かっ喰らう。
ほぐされたカニも、続けて喰らう。
みそ汁で、胃に流し込む。

これぞ究極。


本八戸に別れを告げ、R45を北上
R102「十和田湖道」へ。

ヒンヤリとした空気に包まれながら
新緑のブナ林に囲まれた道を快走。

15:20、お気に入りの場所に到着。

やや霞んでいるものの、雄大な八甲田山は健在。

 

休憩も兼ねて、しばし撮影開始。

フォトグラファーの血が騒ぐ。

十分に堪能した後、今度は奥入瀬へ。
悠久の流れを眺めつつ、R103「瀑布街道」で併走。

絶好の撮影スポットを見つけては
バイクを停めて、ひたすら撮影。

陽も傾き始めたため、断腸の思いで撮影を打ち切り
「奥入瀬渓流」に別れを告げる。

十和田湖を眺めつつ、R103「十和田道」へ。
湖畔から見えるのは、「御倉山」。

山ですか、、、。

「発荷峠」を登り、LR2「十和田大館樹海ライン」へ。

前回、雨で路面が濡れていたが
今回は、絶好のドライ・コンディション。
高速ワインディングを独占。

R282「津軽街道」に接続、まったり南下しながら
健康ランド「マース北上」を、本日の宿に決定。

夕方の帰宅時間にぶつかり、やや混雑。
睡魔と戦いつつ、しばし流れに身を任せる。

ここで「通勤割引」という呪文を唱え
「鹿角八幡平IC」へ。

20:15、本日の宿「マース北上」に到着。

実は宿に着く前、3年前に訪れた
とんかつ屋「TONTON」に向かったのだが
残念なことに閉店。
店の亡骸が、もの悲しい。

宿泊料は2,200円。
ちなみに「マース盛岡」は、2,000円。
この200円の差は、、、?

宿泊施設の充実度も、 「マース盛岡」が明らかに上。
今後の充実に期待しつつ
「チキンカツ定食(680円)」を喰らう。

本日の走行距離 320キロ。

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください