mouthじゃなくて、、、

助けを求めた男の子と緊急通報のオペレーターとの会話。

感心したのはオペレーターの対応。男の子に考えることを促すのは立派。オペレーターも子持ちなのかもしれない。子どもも4歳にしては立派。

笑ったのはお母さんの慌てっぷり。

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください