脅威のイチゴと花

ガザ地区のイチゴと花、欧州向け輸出が解禁に

【1月21日 AFP】パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)でこの冬、イスラム原理主義勢力ハマス(Hamas)が2007年6月に実権を握って以来初めて、同地産の花とイチゴの 本格輸出が可能になるかもしれない。
(10/01/21 AFP)

こういった農作物まで禁輸させていたイスラエルの感覚が本当に分からない。これが武器輸出などイスラエルの安全を脅かすものだとしたらまだしも、イチゴや花まで禁輸措置をとっていたとは。イスラエルにとっては、イチゴも花も脅威なのだろうか?

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、そんなところか。



ぼちぼち生きてます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください