庇護

「国益損ねないと約束された」、NPT最終文書にイスラエル反発

【5月31日 AFP】核拡散防止条約(NPT)再検討会議は28日、中東非核化に向けた国際会議の開催やイスラエルに NPT加盟を求める内容の最終文書を採択して閉幕したが、イスラエルは強く反発している。

イスラエルの政府高官は30日、ベンヤミン・ネタニヤフ(Benjamin Netanyahu)首相が最終 文書採択の前に、イスラエルの国益を損ねる内容にはならないとの「確約」を米国のバラク・オバマ(Barack Obama)大統領からされていたと声明で発表し た。
(2010/05/31 AFP)

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください