ネタバレ

延滞していた本を返しに、図書館へ。

延滞金2150円に加え、図書カード更新2000円。
この時期にこの出費は痛いっす、、、

懲りずに「平和の条件」と「相互扶助論」を借りる。
この「平和の条件」、1954年出版だけあって年季が入りまくり。
わら半紙みたいな紙質や独特の匂いが、時代の重みを感じさせる。
翻訳も分かりやすく、すらすらとページをめくる。
重要そうなところには付箋を貼りつつ、次のページへ。

、、、重要と思われる箇所、すでに下線が引かれているのですが。

「犯人はヤス」

そんな言葉が浮かんだ今日この頃。


[amazon asin=”B000JAPVFK”][/amazon] [amazon asin=”4886833470″][/amazon]

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください