強行

日帰りで青森の八戸へ。

毎年5月に訪れていた病院が、法改正の関係から半年一度の通院へ。
この季節、さすがにバイクで行くわけにもいかず
痛い出費に溜息つきながら、夜行バスなどのルートを模索。

ところが、ひょんなことから素晴らしいツアーを発見!
新幹線で行く、日帰り八戸ツアー。
新幹線の往復にも関わらず、なんと1万円ポッキリ!
これを使わない手は無いっす。

問題は、到着時刻。
一番早い時刻の新幹線を利用しても、「八戸駅」到着は11:30。
タクシー使っても、病院到着は12:00前。
ところが、病院の受付は11:00まで。
さっそく病院に連絡。

「診察予約をしたいのですが、到着が12:00前になってしまうんですが」
「それではちょっと厳しいですね、、、」
「実は格安ツアーがありまして、日帰り新幹線使用で1万円なんです」
「それはとても安いですねえ!!ちょっと待ってて下さいね!」
「はい、お願いします!」
「大丈夫だそうですよ、八戸駅からはタクシー使って下さいね」
「はいっ!ありがとうございますっ!!」

当日、余裕を持って部屋を出たつもりが
東京駅に着いたのが、出発10分前。
窓口でチケットを貰って、慌てて飛び乗る。

8:28、東京駅を出発。

意外と揺れを感じる中、本を読んだり、うたた寝したり。
11:00、あっという間に車窓からは、雪化粧の岩手山。

11:28、予定通り「八戸駅」に到着。

タクシーに乗り込み、病院へ。
ちなみに料金は2,000円。キロあたり料金を考えると、、、。

待ち時間の合間に、お気に入りだった近所の食堂へ。

、、、閉店ですか。

看護師さんに聞いたところ、親の介護のためによる閉店とのこと。
オムライスが秀逸だっただけに、本当に残念。

どうしてもオムライスが食べたく、近くにあった「みくに亭」へ。

念願の「オムライス(600円)」とご対面。

これだけで、もう大満足です。

「本八戸駅」周辺を散策した後
日も暮れ始めたので「八戸駅」へ。

18:30、小腹が減ったため、隣接の「八戸魚河岸食堂」へ。

出発が18:57にも関わらず、「ラーメンといくら丼のセット」を注文。
さっぱりした八戸ラーメンをすすりつつ、いくら丼を頬張る。

さすがにちょっと焦りながら、駅へダッシュ。

駅内にあった、ツアー案内。

東京日帰りでも14,400円とあり、今回のツアーの安さを再認識。

、、、?

一番早い便で八戸を出発して、東京着が13:08。
一番遅い便で八戸に戻るとして、東京発が14:56。

東京の滞在時間が、1時間48分しかないのですが、、、
昼飯食ってくるだけのツアーですか、、、

18:57、八戸を出発して東京へ。

定刻通り、22:08に「東京駅」到着。
新幹線の改札口を出て、、、また改札があるのですが?

「東京駅」は駅構内に、さらに新幹線用の改札が存在。
そのため、新幹線の改札から出る際、切符を回収する必要あり。
駅員さんに事情を話し、どうにか切符を回収。
同志がいたことが、不幸中の幸い。

それにしても今回のツアー
おみやげ券500円分などがついて、1万円ポッキリ。
JR東日本さん、来年もぜひ宜しくお願いします。

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください