東北・療養ツーリング(1)

毎年恒例、新緑を求めて列島北上。

日程前半の天気も思わしくないため
散々迷った挙げ句、今年は高速利用。
高速料金は、長距離を走るほど
1キロあたりの料金が割安。

そのため、4割引となった深夜割引を使うか
早朝夜間割引・通勤割引コンボを使った方がお得なのか?
初日のルートも決めてないため、悩む。

考えるのも面倒になり、後者を選択。
いつものように2時間ほどの睡眠で
どんよりとした雲の下、04:25、出発。

「浦和IC」から乗るつもりが、「川口JCT」から乗ってしまい
途中下車予定のIC、全て変更の憂き目に。

早朝夜間割引区間いっぱいの「鹿沼IC」で一旦降り
今度は通勤割引で東北道に再突入。

06:25、朝食休憩のため「那須高原SA」に到着。

、、、午前7時からですか。

幸い、他にもスナック・コーナーがあったため
豚汁とライスで朝食。

07:40、「矢吹IC」で降り、ETCカードを交換。
小雨もぱらつく中、音楽を聴きながら
ひたすら走る。

08:35、「国見IC」で、再びETCカードを交換。

10:50、通勤割引の適用限界点、「古川IC」へ。
「川口JCT」から、375キロ。

掛かった高速料金は、以下の通り。
・川口JCT~鹿沼IC  1,100円
・鹿沼IC~矢吹IC   1,050円
・矢吹IC~国見IC   1,000円
・国見IC~古川IC   1,100円
・合計          4,250円

ちなみに、深夜割引を適用した場合
・川口JCT~古川IC  3,840円

、、、数字には強くなりましょう。

この後、ひたすらR4を北上。
途中、激しい睡魔に襲われ
道路脇のパーキングにて小休憩。

東京からやってきた親父さんと、しばし談笑。
盛岡までの裏道を伝授され
お礼をした後、再北上。

目指すは、二年ぶりの前沢牛「肉料理おがた」。

、、、ま、そういうオチもあるということで。

慌てない、慌てない。

12:55、総本店の「味心」に到着。

しばし並んだ後、席へ通される。

「おがた」と若干異なるランチ・メニュー。

もちろん「前沢牛 石焼ロースステーキ定食」
「モモ・ウデ・カルビ系」を注文。

二年ぶりのご対面。

特製タレにつけても、そのままでも
口の中でとろけ出す感触は別世界。

三種類の肉の違い?
そんなもん、分からんっすよ。
とにかく美味いっす。

もちろん、ご飯はお代わり。

14:00、本日の目的を達成、出発。

親父さんに教わった裏道、「肝沢広域農道」へ。
農道に相応しくない、大型トラックが行き交うが
裏道だけあって、さすがに快適。

脇道にあった、古びた橋の上で記念撮影。

道路脇に、写欲をかき立てられるバス発見。
無心にシャッターを押す。

、、、絶対、怪しい人に違いない。

R107にぶつかった後、LR13「盛岡和賀線」へ。
ひたすら北上。

17:10、盛岡市内に入り
健康ランド「マース盛岡」に到着。

店内も清潔で、仮眠室が充実。
布団や二段ベッドまで備わっており
これで2,000円は、本当にお得。
東北の拠点に認定。

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください