哀悼

映像ジャーナリスト、長井健司
デモを鎮圧していた治安部隊の発砲により、ビルマで死去。

各地の紛争地域に足を踏み入れ
そこに住む人々の視線で、映像を提供。

「誰も行かないところに誰かが行かなければ」

重くのしかかる、この言葉。

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください