多摩練


元旦以来、久々の奥多摩へ。

祝日とはいえ、出発が遅かったため
サンデー・ドライバーに道を阻まれながら
ようやく周遊に到着。

常日頃、気になっていた
廃墟と化したロープウェー。

川野駐車場から、道路を挟んだ向こう側
発着場へ向かう階段。

好奇心に駆られて、登る。

途中から階段も無く、険しい斜面をよじ登る。

転がり落ちたら、洒落にならんと思うも
革ジャン、革パンでは、激しく辛いのですが。

ひっそりと佇む、ロープウェーとご対面。

役目を終え、時間をかけて朽ち果ててゆく姿に
そこはかとなく沸き出ずる寂寥感。

「機械室」。

係員以外立入禁ず。

立ち入る。

さすがに駆動装置は撤去済み。

こんなところで遺体を発見したらどうしよう?
そう考えて、ひとりビビりまくり。

ムード満点な元窓。

早々に撤退開始。

普段とは、全く違う顔を見せる奥多摩。

高所恐怖症の身にとって
これ以上、前に進むのは至難の業。

かつて、観光シーズンには
賑わったであろう、改札。

さすがに硫酸や塩酸を持って
ロープウェーに乗るのは
めったにいなかったと思うが、、、。

ひとしきり探索し、廃墟を後に。

登ってきた道を降りるのは、不可能と判断。
別ルートで下山。

降りやすい場所を求めて下り
辿り着いたのは、旧料金所。

、、、人がいるんですが。

幻影ではないことを願いつつ
奥多摩探検、終了。

その後、しばらく周遊を走り込んだ後
「萬力屋」で、いつもの「ブタ腹青菜チャーハン」。

満足な一日。

注:————–

言うまでもなく、人様の敷地に
勝手に足を踏み入れるのは違法行為であり
これを真似て捕まっても、一切の責任を追うことは無理っす。

できることは、連座して捕まることくらいなので
予めご了承のほどを。

ぼちぼち生きてます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください